すずわん日記

40代でサラリーマンの限界を感じました。これを良い経験として、この後の人生を楽しく豊かに過ごせるように考えたことを書いていきます。

横浜ベイクォーターにワンコと突撃した

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

 

もーガマンならん!

堪忍袋の緒が切れました。

我が家のゆず(♀)の分離不安のおかげで、外出できない我が家。

でも、夫婦で外食したい。

だって、ゴールデンウィークだもの。

ベイクォーターにGO

という事で、横浜には、みなとみらい地区なんかにも、ワンちゃんOKのお店がたくさんありますが、今回はここに突撃します。

横浜ベイクォーター。

横浜駅北東口Aから、わずか3分。

海が見える眺望の良いテラス席を持つ店舗が多く、テラス席であればペット可になっています。

f:id:katsu-r2438:20180505101937j:image

ワンちゃんNGや、キャリーバックに入れて移動、などのエリアもあるそうですが、基本的にリードを付けていればOKの場所が多いです。

店舗は、入り口のドアに、ペット禁止、テラス席ならOKなどの表示がありますので、それに従います。

ただ、フロアガイドの用紙には、ペットに関する制限は書いていなかったような気がしました。フロアガイドではペットに関しての情報は手に入らないので、注意が必要です。

電車移動を考える


まずは電車に乗るために、前日に新しい布製のキャリーバックを買いました。多分、ソフトケースです。

しかし、JR的にペットの持ち込みルールはどうなんだ?と心配なトコロ。

買う時に、ペットショップのお姉さんに電車移動について、根ほり葉ほり聞いたけど、

「ソフトケースはJRのホームページで調べたけどビミョーです」

とニコニコしながら、ビミョーな笑顔。

うーむ。

ホームページを見ると、たしかにビミョー。

ペットは容器に入れて、と書いていますが、バックやソフトケースはNGとあります。

ウチのバックはOK?ワカラン。

 

えーい、ままよ。突撃。

 

最寄駅の改札で、ペットを持ち込みたいんですけどー、と駅員さんに聞こうとしたら、逆に改札から出てくるオジサンが、ニャンコちゃんをウチと同じようなバックに入れて、手続きをしている。

あー、この手のバックはJRはオッケーなんだ。夫婦で胸を撫で下ろします。

そして駅員さんのいる改札で手続き。

280円。手回り品扱いになります。

あー、簡単、簡単。

普通手回り品切符、というレシートっぽい切符を発行してもらい、いざ電車へ乗り込みます。

我が家のキャリーバック。電車の中でのゆずは大人しいもんです。家ではじゃじゃ馬のくせに。

f:id:katsu-r2438:20180505101541j:image

到着、そして女子会に巻き込まれる


そして着きました。

横浜ベイクォーター。

f:id:katsu-r2438:20180505102220j:image

横浜駅北東口Aから、真新しい通路と階段で直結された建物の3階に入ります。近くて便利。

JRの電車は、一番東京寄りの車両に乗ると、北東口Aの改札に近くなります。

風がビュービュー吹いて、少し寒かったですが、

f:id:katsu-r2438:20180505093015j:image

その為、テラス席はガラガラです。

ゴールデンウィークなのに。

f:id:katsu-r2438:20180505092959j:image

ここに、妻の母、姉、姪っ子が合流し、ほぼ女子会状態に。

男は僕一人。ゆずを含めた女性陣でワイワイガヤガヤはじまりました。

かしましい騒ぎに、さすがのゆずも、帰宅後はクッタリと寝てしまいました。

f:id:katsu-r2438:20180505092951j:image

僕も撃沈。