すずわん日記

40代でサラリーマンの限界を感じました。これを良い経験として、この後の人生を楽しく豊かに過ごせるように考えたことを書いていきます。

限界サラリーマン

復帰から一年、色々思うコト、やったコト

職場復帰からちょうど一年経ちました。 この一年で何か自分は変わったかなぁ。いや、変わろうと思って焦って過ごしてきたけど変わらない。やっぱり自分は自分だな。 生まれついてのオッチョコチョイ、忘れっぽい、集中力が無い、という御三家を兼ね備えた自…

そろそろ仕事モードと思いきや

あと1ヶ月ちょっとで、休職からの復帰後1年が経過します。 長いようで短いこの1年。日常生活にはほぼ支障が無くなり、心療内科への通院も終わって半年経ち、今や健全なアタマになったかと言うと、そうでもないみたいです。 周りの同僚達が苦労をしている…

スイッチオフ。ゆらゆら流れにまかせる事

不確実で答えがない宙ぶらりん状態に耐えられるか? ネガティブケイパビリティ。 不確実な答えの出ない状況を受容し、それに耐える能力、らしい。 この前何かのテレビで見てこの言葉に興味を持ったので、本を買って読んでみた。 ネガティブ・ケイパビリティ …

ココロの治療薬と予防薬

最近良く読むブログに『ハッピーライフ専科』というブログがある。はてなブログを書き始めの頃に何となく読書登録をしたが、その後あまり読むことは無かった。 しかし最近になり、生活リズムも精神的にも落ち着いてきてから読み直すと、ココロにスッと入って…

こめかみの奥から声がした

会社に復帰して3ヶ月 今だに残業と出張は禁止で、仕事量も上司やリーダーがコントロールをしてくれて、負荷のかからない適度なものを少しずつ下ろしてくれます。 その状況は、仕事で余計な心配を妻にかける事のない環境であり、そういう復職の始まり方に安…

社会に戻る

通勤訓練が終了 約2ヶ月ぶりのブログ更新です。 この2ヶ月間は、産業医に指示された通勤訓練を淡々とこなしていました。そして昨日、産業医と月に一度の面談をして復職の許可をもらい、やっと今日から復職です。 通勤訓練の間は、どうにもこうにもブログを…

アリとキリギリスとサラリーマン

会社の帰りのバスの中、窓に張り付いてウロウロしているアリを見つけました。 動物の行動には何かしら理由がある、と聞いたことがありますが、この子はどう見てもサラリーマンの靴やスーツの裾にすがって間違ってバスに乗ってしまったか、風に吹かれて飛んで…

通勤訓練が1週間を経過しました

朝、会社に行って、上司にメールをして帰るだけ。そんな通勤訓練を始めて1週間が経過しました。 生活リズムを取り戻す為に、以前とほぼ同じ時間に出勤しています。 事務所に少し顔を出して、リーダークラスのメンバーと話をして帰るだけですが、廊下や玄関…

ウツ病による休養からの復職に向けて、通勤訓練開始してみました

復職するにあたり、今日から通勤訓練を始めました。 会社に顔を出して、上司にメールを打って帰るだけ。あとは日中は図書館や喫茶店などで、なるべく外で過ごす事に慣れるように、と産業医から指示を受けています。 これを3週間続けた後、来月にまた産業医…

長期休暇中にクラウドワークスに登録した時の気持ち

クラウドワークス に登録をした時はあまり冷静じゃなかった 長期休暇に入った初期の頃は、「今後も体調を壊す事があるかもしれないけれど、会社に在籍してやっていけるだろうか?」という悩みと、「であるならば転職してしまおうか。でも年齢や金銭面で不安…

業務の効率化と人の扱いについて思った事

会社員は船に乗っている 客観的に会社員という存在を見てみると、大海原の中を大きな船や小さい船、つまり「会社」に乗り込んで1つのコミュニティを作り「とにかく何かを変えない事には船ごと沈んでしまう」といった危機感を持って航海を続けていく船員のよ…

会社の事をふと思い出す

長期休暇に入って3ヶ月 もう3ヶ月か、という感じです。なんだか1日1日が早く過ぎていきます。 体調が良ければ、7月には復職も考えていますが、全ては体調次第です。 不安はたまにありますが、概ね元気に過ごせています。ただこの季節の影響からか、頭痛…

やりたい事に没頭する幸せ

好きだった事を思い出す ブログを書き始めて、僕は文章を書くのが好きだったんだ、と再認識しました。 まぁ、文章の上手い、下手はおいておいて。 元々、何かを表現するのが好きで、子供の頃は絵を描いたり、粘土や彫刻などが出来る図画工作の時間が大好きで…

周りと比較しないで自分を変えていく

ガツガツと仕事をやって会社から評価をされていた頃は「仕事がツラくて、もうこんな職場はイヤだ」と思っても、「こんなコトくらい乗り越えないと、どこに行っても通用しない人間になってしまう」と思い込んで乗り越えてきました。 人生のイロイロな選択肢を…

自分の「外枠」と「中身」

ほどほどなミニマムがよい 生活スタイルは質、量ともに、ほどほどにミニマムに近づけた方が気持ちが落ち着くんじゃないか?と、ここ1ヶ月ほどで思うようになりました。 理由はワンコとのつつましい平日の連続。 我が家のワンコは分離不安なので、一人で家に…

晴天の日にのんびりと近所を散策して、自由を得てみた

のんびりする日と決めた 今日は脳梗塞後の定期検診で家を留守にする為、犬のゆず(♀)を近所の動物病院兼、ペットホテルに預けに行きました。 いつもは過保護にキャリーバッグに入れて車で連れて行くのですが、晴れていて空気も気持ちよかったので、ゆずの散…

ブログを続ける事は、人生のやり直し?

3月から人生初のブログを始めたわけですが、まだまだ全然ダメダメでヨチヨチ歩きの駄文を載せ続けてます。まだ小学生にもなっていません。 子供の頃の夢 そんな事を考えていたら、ふと小学生の時は将来何になりたかったっけ、と考えてしまいました。 周りの…

昔は学卒の資格が欲しかった

あまりチャレンジをしない人生 僕は高卒です。 工業高校を出て、すぐに就職しました。 当時、もう少し成績を上げれば地元の進学校へ行ける、と、先生と親に励まされましたが、チャレンジはさっさと諦めて、受験勉強もほとんどせずに、地元で中堅レベルの工業…

しがらみを捨てれば、どんどんどんどん広がる

僕みたいに、今まで1つの会社にしか勤めていないサラリーマンは、その狭い世界の中での経験の上に、自分の努力や人の助けをちょこっとだけ盛った、ちっぽけな事を武器にして生きています。 そんなサラリーマンは、給料は安定しているでしょうけれど、会社に…

ウツ病と適応障害の違いについて考えてみた

ウツ病と適応障害の違いについて 今回の長期休暇では「適応障害によるウツ病」と診断されて薬を処方されました。診断結果が「適応障害」だけの場合は薬の処方がされません。 そもそも「適応障害」と「ウツ病」は似ているようで別物です。 行動面では声を荒げ…

ウツ病で、まだ会社に復職をしない理由

来週半ばくらいに会社に復帰の予定でしたので、産業医サンと上司と復職に向けての面談をしてきました。 エネルギーが足りない 今回の結論としては、復帰は延期。 産業医の目から見て、今起きている頭痛などの体調不良に加えて、普段の生活の様子から、復帰へ…

1か月ブログを毎日更新してみた感想

1ヶ月達成 ブログを始めて1か月が経ちました。 駄文をダラダラと積み重ねただけですが、毎日更新を達成する事が出来ました。 まさか出来るとは思ってなかったです。 内容はともかくとして、マラソンの完走みたいで、なんだか嬉しい。 達成感アリアリです。…

ウツ病からの社会復帰に向けて

あまり復帰したくない気持ちがまだある もう少しお休みは続きますが、そろそろ職場に復帰する段取りを会社と調整しています。 体調は少しは良くなってるとは思いますが、色々と思う事はあります。 復帰したら、また同じ職場に戻って同じような仕事を誰かに頼…

会社の人材を育てる為には環境を用意する事が必要

会社の制度 僕の会社では、一時期教育に力を入れていた時期がありました。 当時の会社の方針として、今まで通りの仕事の仕方では会社が立ち行かなくなる為、社外で通用する人材を育てよう、という気運で教育方針が決まっていったようです。それに合わせて資…

ウツ病で長期休暇に入る前に、不安を解消する為の心構えをもつ

周りの人達を気にし過ぎないようにしよう ウツ病で長期休暇に入るには誰でも勇気が要ります。 いくら身体や精神がツラくとも、会社や周りのメンバに対して、明日から休みます、と伝える事自体がストレスになります。上司がどう思うか? 仲のよい同僚がどう思…

つらい朝のメモを見て、ウツ病の症状を振り返る

辛さを振り返る 心療内科を受診する前、混乱しながらも自分自身の状況をメモしていましたので、それを引っ張り出してみました。 なんだかイヤ〜な走馬灯という感じですね。 追い詰められて、逃げ場が無かったなぁ。 あの時のメモ 今日も朝から頭痛が取れない…

ウツ病で「限界サラリーマン」が誕生した

はじめに こんにちは。すずわんと申します。 先日から適応障害によるウツを発症し、会社を長期休暇となりました。 休職になった経緯 原因は、仕事で新規サービスの立ち上げが上手く進められない状況に陥ってしまった事によります。1人でやっていたので相談…