すずわん日記

40代でサラリーマンの限界を感じました。これを良い経験として、この後の人生を楽しく豊かに過ごせるように考えたことを書いていきます。

書評

復帰から一年、色々思うコト、やったコト

職場復帰からちょうど一年経ちました。 この一年で何か自分は変わったかなぁ。いや、変わろうと思って焦って過ごしてきたけど変わらない。やっぱり自分は自分だな。 生まれついてのオッチョコチョイ、忘れっぽい、集中力が無い、という御三家を兼ね備えた自…

スイッチオフ。ゆらゆら流れにまかせる事

不確実で答えがない宙ぶらりん状態に耐えられるか? ネガティブケイパビリティ。 不確実な答えの出ない状況を受容し、それに耐える能力、らしい。 この前何かのテレビで見てこの言葉に興味を持ったので、本を買って読んでみた。 ネガティブ・ケイパビリティ …

未知のことを読む=固いものを食べる

「読みの整理学」を読んだ。 テーマは未知を読む、って事かな。 「読み」の整理学 (ちくま文庫) 作者: 外山滋比古 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2007/10/01 メディア: 文庫 購入: 3人 クリック: 41回 この商品を含むブログ (68件) を見る この本はかな…

アドラー心理学 〜 トラウマの正体?

嫌われる為に頑張る? 長期休暇も2週間を過ぎると、パニックを起こしていた脳みそも落ち着いてきます。産業医からもらった冊子の中には、休養中は重要なことを決めない(会社が嫌だから転職する、とか)、家事などもやらないで、なんて事が書かれています。…